2009年02月05日

1月31日、おふく。

昨春に引き続き、2度目の「おふく」です。今回もおふくうどんを。

おふく-1.JPG

↑ これはワタクシ。

おふく-2.JPG

↑ こちらはガイド氏。餅を追加してもらいました。ひとつ120円也。

ワタクシも「次回は追加を」と考えていたのですが、朝っぱらから粟餅を1.5皿食べたことと、夜の和久傳に差し支えることを考え、自粛。相変わらず出汁もうどんもお餅も美味しゅうございました黒ハート

この日は朝から小雨で冷え冷え ふらふら 美味しいうどんであったまる〜 いい気分(温泉)

ガイド氏にも気に入ってもらえたようで、よかったよかった。


ほんっと、家の近くか会社の近くに欲しいよね、こういうお店。



美味しいうどんの後は、
posted by katsura at 21:07| 東京 🌁| Comment(4) | おいしい日常@京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

1月31日、まずは粟餅。

30日の夜に移動し、31日から京都の旅、始まりはじまり〜 新幹線

朝ごはん代わりに、まずは澤屋へ。お目当てはもちろん、大好物の粟餅黒ハート

粟餅×3.JPG

粟餅、3人前。食べたのはガイド氏とワタクシ、2人ですが…。この粟餅、甘さも程よく、いくらでも食べられそうな気がするのよね〜。1人2皿は多いだろうけど、1.5皿ならいけるのではないか、と。

さすがにワタクシにはちと多かったですねぇ。やはり、「もうちょっと食べたい!」というところで止めておくのがスマートなようです。




ついでと言っては失礼ながら、
posted by katsura at 22:30| 東京 ☀| Comment(8) | おいしい日常@京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

3月29日、花見弁当。

お昼ごはんは和久傳のお弁当。季節柄、花見弁当がありました。

桜ちらし-1.jpg

「桜ちらし」の名にふさわしく、パッケージも春。


桜ちらし-2.jpg

大好きな鯛ちらし+お惣菜。昨秋にいただいた二段弁当だとひとりでは多すぎるけど、こちらはちょうどいいボリュームです。定番化して欲しいな〜。


予約販売ではないけど、予約しておいた方が無難です。この日も昼には残り1個!(ちなみに、二段弁当は要予約)

京都の帰りって、これしか食べたことのないワタクシでございました。
posted by katsura at 18:41| ☔| Comment(0) | おいしい日常@京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

3月29日、マルトパフェ。

新幹線は1時過ぎ。午前中はまず柳桜園で土曜日限定のほうじ茶をGet!そして、前日の老マダムの勧めに従い御苑でお花見。

最後はこれ!

マルト-3.jpg  念願のマルトパフェるんるん

マルト-4.jpg  父上様は抹茶ミルク(正式名称不明…)。

美味しかったけど、、、ご覧の通り、ちょっと変わった構成。やっぱりアイスと生クリームが積み重なった定番がいいな〜。あ、もしかしたらカロリーは低めかも?
posted by katsura at 21:52| ☔| Comment(2) | おいしい日常@京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

3月28日、鯖寿司。

父上様が骨董のイベントを見に行くと言い出し、この日も単独行動に。

まずは伊勢丹で翌日のお弁当を予約(詳しくは後程)。もちろん他のフロアもぶらぶらして。その後、初めてバスに乗り目指すは出町柳。知る人ぞ知る、隠れた鯖寿司の名店があるらしい!鯖寿司好きとしては見逃せません!!

それはごく普通の商店街、地元民に愛される普通の食堂でした。席数が少ない上にちょうどお昼時、空席待ちの方が3人。そのうちおひとりの老マダムと相席、鯖寿司を待つ間に鍋焼きうどんと筍ごはんをいただくことに(ホントはスリージェでランチのつもりだったけど…風が強くて冷えきってしまい、湯気には勝てず)。あ、うどんは普通レベルでした。おふくの足元にも及ばず。

御所の近くにお住まいだというこの老マダムに勧められて、翌日御苑に桜を見に行ったんです。旅行が好きで北海道にも10回は行ったというアクティブなおばあちゃまとの会話もご馳走でございました。

さてさて、肝心の鯖寿司。普通のは1本3,000円。ワタクシが注文した特上は4,500円也。なかなかどうして立派なお値段!

「常温で明日まで」とのこと、安心して金平糖を買いに行ったり庚申堂にお参りしたり。

夕方、ホテルに戻り、父上様と鯖寿司〜、と思ったら。…切れてない。コンシェに電話して、
「あのー、、、鯖寿司をいただきたいんですけど…」
「鯖寿司、でございますか?」
「ええ、買ってきたんですけど、切れてなくて。ナイフをお借りしたいんですが」
「ああ、ではただいまお持ちいたします」
どうやら美味しい店を教えて、と言われるかと思ったようです。割りばしも用意してくれて一件落着かと思いきや、、、醤油がない!…コンビニへ行きましたとも。

ようやくいただいた鯖寿司は、これまたkatsura史上最高でございました。鯖とごはんの味がそれぞれ控えめながらバランスよく、絶妙。飽きることなく、いくらでも食べられそうなくらい。

ああ、また食べたくなってきた…。


満寿形屋

住  所:京都市上京区桝形通出町西入ル二神町179
電  話:075-231-4209
営業時間:12:00〜18:00
定 休 日:水曜日
posted by katsura at 20:55| ☔| Comment(2) | おいしい日常@京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。