2008年09月29日

念願の、

というとやや大袈裟ですが。

札幌市内のホテル全滅!という日がありまして(学会だの全日空オープンだのが重なっていたらしい。6月と9月は学会に要注意です)、この機会に「いつか行ってみよう」と思っていた宿へ。

『オーベルジュ セ・ラ・セゾン』。札幌−函館間を結ぶ国道5号沿い、札幌から小樽に入ってすぐにある洋館です。大昔に立ち寄ったことがあり、一度ゆっくりしてみたかったの。支配人らしき男性がとても穏やかな、いかにもホテルマンという口調・物腰で。

ディナータイムには間に合わないので、翌日のランチをいただくことにしました。

IMGP1005.JPG  オードブル

手前の小さいの、マイクロトマトって言うんですって。その名の通り、直径1cm位のちーっちゃなトマト!トマトっていうのは小さくなればなるほど味が濃くなるのかしら?プチトマトよりさらにしっかりしたトマト味。これ、種とか売ってないのかなー。これなら室内でも育てられるんじゃないかしら。スプーンに入った豆も美味しかったな〜。塩が程よくて。左のは…タラコが食べられないのでパス。


IMGP1006.JPG  前菜

生ハムです。ソースはキウイ。これは普通かな。


IMGP1007.JPG  スープ。

パリソワール黒ハート 今年はパリソワ遭遇率高し手(チョキ) じゃがいもの味が非常に強かったのが印象的。スープにはちと強すぎるかも。


IMGP1008.JPG  魚料理

この白身の魚(何だったかしら…)、皮はパリッと、身はふんわり・しっとり、お上手でございました。ホタテも美味〜。


IMGP1009.JPG  肉料理

基本的にフィレは好きじゃないけど、これは美味しかった〜。肉そのもの+火の通し方、なんでしょうねー。


IMGP1010.JPG  デザート


お料理は期待以上でした。実は、どうやら経営が変わったらしく、部屋に入って初めてそれに気づきかなり落胆していたんですけどね。昔いた方はいないし、代わりの方は…落ち度があるわけではないけど、洗練された雰囲気ではなくて。で、「料理、大丈夫かな〜」と。


客室はと言いますと、広いし見栄えのいい家具を置いているんだけど、せっかくの建物を活かしきれていない。なんとなーく寂しいというかビンボくさいというか。もったいないなあ。

もし次の機会があれば、食事だけでいいかな。と言ってもここにディナーを食べに行ってまた札幌に戻るのはとーっても面倒だから、やっぱりランチかな?建物の外観も楽しめるしね。


IMGP1011.JPG  IMGP1017.JPG  洋館大好きぴかぴか(新しい)
posted by katsura at 21:34| ☁| Comment(4) | おいしい日常@北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

やっぱり大好き♪

ジュリーの後はミュゼに行きました。今までミュゼでは写真撮ったことなかったけど、なかなか行けなくなったことだし、というわけでカメラ


IMGP0995.JPG

「トウキビ・アイス&フォワグラのクレーム・ブリュレ アクセントとして生のトウキビを添えて・・・」

このアイスが今回一番美味しかったかも〜黒ハート


IMGP0997.JPG

「近海で獲れた真サバ さっと〆た魚に焼き浸しにした秋茄子とフルーツを合わせて」

フレンチでシメサバって初めて!このサバ、うまく処理されていて美味しかった〜。葡萄とも合うのね。


IMGP0999.JPG

HPのメニューと違うので名前がわからないけど、キタアカリを使ったお料理でした。左上のはフライドポテト。真ん中のまるく焦げ目が付いたのはチーズです。ちょこっと顔を出しているのは確かフォアグラかと。


IMGP1000.JPG

「“ミュゼのサラダ” 秋-北の大地のクリエイション」

おなじみのサラダ。ミュゼといえば、な一皿。野菜はその時々で違うけど、いつも同じ印象に仕上がっています。野菜の力強さを感じる逸品。これだけの野菜、そこいらではなかなかお目にかかれません。

余談ですが、サラダを食べるときいつも思うこと…箸って、エライ!


IMGP1001.JPG

「蒸し焼きにした蝦夷アワビ、パセリ風味、本日のスタイルで」

ワタクシの愛する蝦夷アワビ黒ハート これがアワビというものよるんるん


IMGP1003.JPG

「リ・フレッシュの為のソルベ」

この黒いソーサー、スプーンを置いてあるところがスプーンの形にへこんでるんです。ソーサーも白い器もスプーンも、セットじゃないんですって。でも他のものが考えられないくらいぴったりなのよねー。


IMGP1004.JPG

「実りの秋をイメージ:襟裳産短角牛のロティ、山で採れた栗と天然の茸、ソース・ピノノワール」

彩りが秋ですなあ。十分美味しかったんだけど…、8月にいただいたクラウンの「茨城県常陸牛霜降りサーロインのグリエ 夏野菜と赤ワインソース」があまりにも美味しすぎたので(正確にはIGY氏が食べたんだけど)、当分この手のお料理は難しいかも。


そしてデセールは「仁木町より:旬のフルーツを様々な形で」。最後の最後に写真撮るの忘れちゃった…。


次はいつ行けるかしら…。東京にだって美味しいお店はいっぱいあるけど、ワタクシにとってミュゼは特別なんですもの。毎月は無理だけど、3ヶ月に一度くらい札幌に行けたらな〜。ミュゼと美容室…。
posted by katsura at 22:17| ☁| Comment(6) | おいしい日常@北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

寒さにも負けず

さすがは北海道、涼し〜!と言いたいところですが。
“涼しい”を通り越して“寒い”…。

しかし、寒さにめげているヒマはありません。向かうはおなじみ?『鈴木牧場牛乳』

200808151405000.jpg  めずらしく先客なし。やっぱり寒いからねぇ。

お目当てはもちろん!大好物のコチラ!!

200808151402001.jpg  抹茶ミックスハートたち(複数ハート)

相変わらず美味でした。
…暑ければ更に美味しかったに違いないけど。


ちなみに、すっかり冷え切ってタオルケット+肌掛けを頭までかぶってお昼寝したワタクシ。
我ながら、おバカパンチ
posted by katsura at 23:59| ☔| Comment(0) | おいしい日常@北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

畑直送。

実家でのこと。一周忌に出席する親戚が法事の前にとうきび(=とうもろこし。短縮形かつ訛りで“きみ”とも言う)を持ってきてくれました。母がトマトととうきびが大好きだったので、生前もあちこちからよく差し入れをいただいたっけ。

父とワタクシは1本食べれば十分!というわけで、さっそく。

200807201201000.jpg  ぐつぐつ。

北海道のとうきびはとっても美味しい。とうきびに限らず、野菜は味というか旨みというか、濃厚。北海道にいたときには、例えばIGY氏にそう言われても正直ピンとこなかったけど、本当に違うのね。東京で食べる野菜の味気ないことといったら…!北海道でも特に野菜の美味しい地域にいたから余計にそう感じるのかもしれません(北海道産といってもたいしたことない物もあるんだけどね、それでもこっちのよりはマシなはず)。

ゆでたとうきびでスープを作るとジュースみたいな甘さ。いくら塩を入れても塩辛くならないの、不思議なくらいに。身をバラしてかき揚げにするのもオススメ。美味しい塩をつけて食べると一層甘みが引き立ちます。

ちなみに、とうきびは鮮度が命。収穫したらできるだけ早く食べるのが好ましい。あっという間に風味が落ちるのよねー。ゆでたら腐るのも早いので、これまたお早めに。

よりによってスーパーで買ったとうきびを翌日に食べるだなんて、ありえませんことよ、IGYさまキスマーク


ちなみに、
posted by katsura at 22:11| ☀| Comment(2) | おいしい日常@北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

函館で一番のお気に入り♪

函館の塩ラーメンといえば、ここしかありません。

…いえ、他にもいっぱいありますけど。

ワタクシにとっては、ここが一番。塩ラーメンに関しては「もうあなたしかな〜い〜♪」状態。それどころか、函館市内・近郊にある飲食店の中でここが一番好き黒ハート 函館を離れるに当たって唯一の心残りかも…失恋

星龍軒.jpg  大きな画像で愛を表現してみました。

塩ラーメン、480円。安いでしょ〜?これでも値上がりしたんですよ。ワタクシが通い始めた頃(2000年前後…?)は430円でございました。

量は少なめです。あっさりとした澄んだスープにやや細めのストレート麺。自家製のチャーシューは“柔らかいけど柔らか過ぎない”絶妙な状態に仕上がっていて。そして、最大の特徴は三つ葉!ラーメンに三つ葉が入ってるのって他所では見たことありませんが、この麺、このスープにぴったり!

春巻きは400円。ワタクシといたしましてはラーメン+春巻き1人前(3本)だとちょっと多いんですけどね…。昔、母と一緒に行っていた頃は分けやすいように4本にしてくださってたっけ…。

他にオススメはあんかけ焼きそば。しょう油ラーメンもね。夏季限定・冷やしラーメンも好き。から揚げもいいし…。いつもこの辺りを気の向くままに注文するので、他のって食べたことないかも!お気に入りができるとなかなか抜け出せませーん。お料理も、お店もね。


ずーっと行きたかったけど、この辺りに行く機会がなくなってしまったので、すっごく久しぶり。でもいつもの味で、相変わらず美味しゅうございました。叔母によると「50年前から変わらない」そうですが。。

バレエ教室からは近いので、レッスンに復帰した暁には(先週から復帰の予定だったのに、低血圧やら扁桃腺やらでまたまた延び延びになっちゃって…)お昼ごはんは毎回ここ、かな?



星龍軒

住  所:函館市若松町7-3(アクアガーデンホテル横の路地、函館駅からすぐ)
電話番号:0138-22-0022
営業時間:11:00〜20:00(スープがなくなり次第終了←18:00を過ぎると危ないかも)
定 休 日:日曜日(連休中だろうが何だろうが休みです)



朝市付近って、
posted by katsura at 23:18| ☁| Comment(8) | おいしい日常@北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。