2008年01月11日

加賀ゆびぬきとご対面〜

前厄→うろこ模様→加賀ゆびぬきというわけで、ゆびぬき、作ってみようかと思っておりまして。

先日、注文した本も届きました。





折りよく、はこだて工芸舎で開催されている「石川のクラフトin函館」という企画展に著者の大西由起子さんも出品されているという情報をGET!

早速行ってまいりました。

…出来なかった場合に備えて1個買っちゃお!と思っておりましたら…

高いっ!10,000円〜15,000円もする!!

さすがに手が出ませんでしたバッド(下向き矢印) これはやはり自力で頑張らねば!!

代わりに、といってはナンですが、針休め用の小っちゃな針山を購入。

針休め.jpg  可愛いるんるん お値段も可愛らしく、1,500円。


実物を確かめてわかったこともありまして。あくまでも「ゆびぬき」なので、そのままの太さ・厚さでは指輪にするにはゴツすぎました。手、小さいんですもの…。改良の余地あり、です。はるばる遠くまで行った甲斐がありました。よかったよかった。
posted by katsura at 20:03| ☁| Comment(4) | 加賀ゆびぬき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆびぬきを指輪にしようと考えておられたわけですね…。
色合い的には綺麗かもしれませんね。
私はおっちゃんのくせに指輪を3コもしておりまする…。
手も小さいので、手袋を買うのもひと苦労…。
靴もセーターもジャケットも苦労だらけ…。
それは兎も角、綺麗な針山ですね。
1500円というのも手頃でつい買ってしまうお値段。
値付けというのは重要なんですよね、我々の世界でも。
Posted by がんさん@大和の国 at 2008年01月12日 09:53
がんさん

そうなんです、うろこ模様を身に着けるには一番いいのではないかと。
サイズも色も、好きなようにできますしね。

手袋!わかります〜。いつからか、手袋売り場にも小さいサイズというのができましたけど、あまり選択の余地がないんですよねー。
紳士物だとなおさら、かしら?(婦人物の大きいサイズくらいがちょうど?)
服は袖丈、パンツorスカート丈のお直し必至。長袖セーターが困り物です。

針山、綺麗でしょ♪これ、直径・高さともに3cmくらいなんですよ。
…それにしても値段の開きがありすぎるような…
プログラムのお値段は難しそうですね。原材料費とか仕入値とか、わかりやすい数字がないから納得してもらえないと困りますよね。
Posted by katsura at 2008年01月12日 11:36
ついに、始めるのですね〜♪
とっても楽しみです。途中の様子も是非、アップして下さいませ〜。
Posted by 榮の間 at 2008年01月14日 10:27
榮の間さま

はい、がんばります…。
針と糸とは非常に相性が悪いので…いつになることやら。
キットも売っているみたいなので、まずはそれからかな?
ぼちぼちUPしますので、気長〜〜〜にお待ちくださいませ。
Posted by katsura at 2008年01月14日 14:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。