2014年01月13日

四十にして惑う-その7 内見@会社ご近所

会社近くの不動産屋から連絡があり、急遽、内見へ。
先日、家賃の値下げ交渉をお願いしていた物件と、もう1軒、気になっていたところです。

値下げ交渉をお願いしていた物件、気に入りました。
変わった間取りなのでなかなか入居に至らなかったらしいのだけど、広さは十分だし、キッチンや洗面台は立派なものが入っています。全体的にバブル期の物件らしい内装でした。

もう1軒は思いのほか狭かったので却下。

というわけで、バブリー物件に決めようかと思っています。
父上様にも「引っ越すかもしれないから、その時は保証人よろしくー」と電話しておきました。
(決めてから連絡したらご機嫌を損ねること間違いありません。根回し、重要!)
…手伝いに来るって言ってたな、引っ越し。断り切れずたらーっ(汗)

申し込み用紙をもらってきたので、明日いっぱい悩もうと思います。
posted by katsura at 20:40| 東京 ☁| Comment(2) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドキドキ(*^_^*)ついに決められるのですか。
バブリー物件いいですね。
うちのマンションも、バブル時期に建てられたものです。
内装は地味ですが…。
Posted by ぐっち at 2014年01月13日 23:33
■ ぐっちさま

そのつもり、なんですが、、この期に及んでここも去りがたいな、と。
生まれたときから引っ越し三昧だったので、こういう心境になったのは初めてです。

ま、多分ここに決めますけどね。
Posted by katsura at 2014年01月14日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。