2007年04月01日

きっかけはコレ

粉引.JPG  粉引の片口。

粉引・高台.JPG  高台にもうさぎ。


作者は黒羽じゅんさん、東京生まれ札幌育ちの女性です。
展示会で2〜3回お目にかかっていますが、小柄で可愛らしい、作品と良く似た雰囲気の方。
六花亭「使ってみたい北の菓子器展」に入展されたのが96年。
札幌の三越でこの片口と出会ったのはその1〜2年後だったかしら…。
ふんわりした風合いとほのぼのしたうさぎに一目惚れハートたち(複数ハート)
今は粉引は作られていないようですが、できればまた作って欲しいな〜。

その黒羽さんの作品展があります。

まずは今月4〜10日、大丸札幌店7F。
食器売り場の一角で、黒羽さんの作品を常設しています。今回はスペースを拡大しての展示会。
そう、ワタクシ、この展示会を見たいがために札幌行きの日程を調整しました。

そして、5月には小樽。

7月20日は『カルチャーナイト2007』、場所は知事公館です。
今回で…3回目?…4回目かしら?
なんでも1年目にしか参加できなかったんですけどね、その時作っていただいたのがこちら。

君の瞳に乾杯.JPG  本当はキーホルダーでした

「君の瞳に乾杯☆」って感じで、という無謀な注文に応えていただきまして…。

今年は浴衣着て行くぞ〜!と今からはりきっております。


北海道まで行けないよー!という道外の皆様、東京他でも時折機会がありますので、黒羽さんのブログをご覧くださいませ。
今年は…10月に東京、だったかな?
posted by katsura at 22:20| ☁| Comment(4) | よしなしごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い器ですね。
なんとも言えない曲線と質感。
私も器を見て歩くのは好きです。
しかし、いつも思うんですが、写真画像、デカいですね〜。
ブログ用に縮小とかしないんですか…?
画像容量に制限無し…?

P.S.
その後、血圧は如何でしょうか?
77ったら、最低血圧にしても低いですよね…。
ご自愛ください。
Posted by がんさん@大和の国 at 2007年04月02日 09:30
この片口に出会った時には目が合いましたね〜。
見た目もさることながら使いやすいんですよ。
黒羽さんは美術工芸品ではなく使うための器を作る方なんです。なのでお値段もお手頃、かな?

縮小!そんなことができるんですね〜。
もちろん制限ありなので、困ったなと思い始めてたんですよ。
無駄に画素数高い(っていうのかな?)もので…。

あ、血圧はもう大丈夫です。ご心配いただきましてありがとうございます。
ちょっとくらいの不調はいつものことなので誰も心配してくれません…。
Posted by katsura at 2007年04月02日 18:20
デジカメなどには付属のソフトウエアがあって、それを使えば縮小や切抜きができます。
普通はAdobe PhotoDeluxeとかそんなソフトウエアなんですけどね。
分かるかな、こんな説明で…。
Posted by がんさん@大和の国 at 2007年04月02日 20:02
Photo Editor なるソフトでサイズ変更というのがあったので、『太郎冠者』の写真は小さくして載せてみました。
切り抜きはしたことあるんですけどね、全体を小さくできるとは知りませんでした。
おかげさまで1つ賢くなったわ♪
ありがとうございます。

そういえば、デジカメに何か付いてきてましたねぇ。
ぜーんぜん気にしてませんでした!
Posted by katsura at 2007年04月02日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。