2009年09月30日

銀座あさみ

昨夜はおなじみIGY氏と待ち合わせて『銀座 あさみ』へ。某ブログで知って以来、行ってみたいと思っていたのよね〜。


RIMG0002.JPG



胡麻豆腐ならぬ胡桃豆腐。ねっとりとして、普通に美味。


RIMG0004.JPG


和え物は春菊と蟹。意外な取り合わせだったけど、春菊のほろ苦さと蟹の甘みがうまくまとまっていました。


RIMG0005.JPG


焼き松茸とほうれん草。ワタクシにとっては今季初松茸でした。ふんわり、いい香り〜。


RIMG0007.JPG


鱧。ワタクシは鱧経験値が低いしほとんど関心のない食材なので何とも言えませんが、関西人・IGY氏はその質がお気に召さなかった模様。まぁ、季節外れであることはワタクシも存じております故。


RIMG0008.JPG


お造り。東京で北海シマエビの刺身がいただけるとは…!これ、すぐに鮮度が落ちちゃうので北海道内でも地元でなければ生にはなかなかお目にかかれないんです(塩茹でしたものが流通しています)。味は甘エビよりはボタンエビに近いですね。


RIMG0011.JPG


栗のすり流し。これは美味しい!栗を蒸したものを裏ごしして出汁と合わせ、葛をひいているんですって。エビとオクラが少々入っていました。昨年「クラウン」でいただいた栗のポタージュは思ったほどではなかったけど(期待しすぎ?)、これはいいわぁ。熱っぽくて食欲ないときにこんなの食べたいな〜。そうそう、白玉がふたつかな?ひそんでいたんだけど、これがまた美味しい白玉でしたねぇ。


RIMG0012.JPG


銀杏のおこわ。銀杏の緑、器の赤、漆黒、折敷の黒。この配色が美しいぴかぴか(新しい) ずいぶんと立派な銀杏でした。


RIMG0015.JPG


焼き物。えーっと、、、何だったかな、魚。美味しかったんだけど。右端のはいちじく、手前のはむかごです。


RIMG0017.JPG


ぐつぐつ・ぐらぐらと湯気をたててサーブされました。水菜と鱧、松茸。これで雑炊を作ったら美味しいに違いない。お餅を入れても美味しそう〜。可愛い柄の匙がついてきたけど、サイズも可愛らしく「離乳食用?」って感じ。それで器に取るのはしんどいし、何度も何度もすくうのは美しくない。ちょいと考え直して欲しいところです。


RIMG0020.JPG


〆は鯛茶漬け。こちらの名物らしい。自分でごはんに鯛を乗せ、お茶を注ぎます。あいにく、ワタクシはお茶漬けに馴染みがないので良し悪しはよくわからないけど、特別美味しいとは感じなかったなー。


RIMG0021.JPG


デザートは葛きり。鱧と並んで「何で今頃?」感がたっぷり。黒砂糖が苦手な上に葛きりそのものにほとんど関心のないワタクシ、「うーーーん」。あ、この折敷はとってもいい佇まいでしたよ〜。



というわけで、全体的にソツなく無難に美味しいけれど、際立ったものを感じられないお料理でした。

板前さんたちは角を曲がるまで見送ってくださったけど、、、それ以前にサービスの女性をもう少し教育した方がいいんじゃないかなぁ、と。落ち度があるというわけではないものの、あまりにも素人くさいというか、バイトさん?って感じで。いや、バイトならそこそこでも許されるってものではないけど。ファストフードではないんだしねぇ。

おまけに、IGY氏にも言わなかったけど、4品目の鱧の皿に髪の毛が入っていて…。しかも、明らかに女性の、そこそこ長い髪。ワタクシのあまり見えない目でもすぐわかるほどなのに、ねぇ。あ、写真にも写ってますね、酢橘やワサビの上を横切っているのがそうです。刻んだ胡瓜と鱧の間にはさまっていたので、運んでくる途中で落ちたものではありません。胡瓜も「もしかしてスライサー使ってる?」という食感だったし…。


不味いわけではないだけに残念です。


posted by katsura at 23:58| 東京 ☔| Comment(6) | おいしい日常@東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バブルのはじっこをちょこっとだけ経験した者としては、銀座での食事といえば「接待」でしたね。
自分で金出して食べるなんてとんでもないと。
当時は平社員の私でさえ接待されたのですから、世の中景気が良かったんですね。
まあ、いい年になってからは何度か銀座や赤坂でも母を接待しましたけどね。
それはさておき、東京や横浜でも何度か鱧をいただきましたが、美味しいやつに巡り逢うのは希でした。
れっきとした京都の老舗料理屋の看板を出しているのに。
仲居が素人っぽいのも何度か経験しました。
酷いときにはテーブルの上に拭いた布巾(雑巾かありゃあ?)を無造作に起きっぱなしにしていたり…。
やっぱね、京料理は京都でいただくに限ります。
それでも当たり外れがありますけどね…。
Posted by がんさん@大和の国 at 2009年10月01日 09:54
■ がんさん

ま、味もサービスも雰囲気も、当たり外れはどこでもありますよね。相性もあるし。

京都の某店は女将とその母親がしゃべりすぎで少々うんざりさせられましたが、それでもまた行きたいと思っています。美味しかったし、それほど不快ではなかったから。

うーん、どこか定番を確保したいんですけどねー。次はIGY氏オススメのお店に行ってみます。
Posted by katsura at 2009年10月01日 12:10
どんなに門構えを格好よくしても
どんなにきれいな器を用意しても
どれだけ料理に手をかけようとも
基本ができていなければ台無し。
今回はその典型のような気が…。
食べ物を扱うところでは髪の毛を束ねるのは常識でしょう。
しかも料亭という付加価値がものすごく付く場所。
素敵な器が可愛そうです。

でも、焼き松茸美味しそう〜。
先日行った松茸ずくし、これは付いてなかったんだよな〜。
Posted by ぴっぴ at 2009年10月01日 15:18
■ ぴっぴさま

さすがに髪の毛が入ってたのは久しぶりだわ〜。口コミサイトを見ていたらサービスや雰囲気、壁のしみなどを指摘している人がいてね、たまたま当たりが悪かったわけではないみたい。

え?松茸づくしなのに焼き松茸なし??基本かと思ってたけど…。
Posted by katsura at 2009年10月01日 17:44
おひさしぶり。

器がステキだ。

案内には「特別な日や接待にもおすすめ」って書いてあるね。でも髪の毛入り料理を出すお店だったら、どっちにも使えないよね…。
ざ〜んねん!
Posted by ごりお at 2009年10月01日 17:58
■ ごりおさま

久しぶり〜。ちょいと心配していたよ。

器ね、特にお茶漬けの茶碗が大きさも手に納まる感じもよくって。和食屋さんの楽しみよね〜。

しかし、すべてが台無し。特別な日や接待じゃなくても使えないわよねぇ。やれやれ。
Posted by katsura at 2009年10月01日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。